top

相鉄12000系の作成

相鉄12000系の作成

相鉄12000系です。この列車を作るつもりはなかったのですが、リバティを作っているときに相鉄よりJR乗り入れの車両という事で発表になり作ってみました。本当は京王の新しい車両を作ろうかと思っていたのですが、種車がかぶってしまったので京王を止めてこちらを作りました。

so-01.jpg

相鉄線は大学の時の彼女が瀬谷に住んでいてその時に相鉄によく乗ったなと思い出します。その時の相鉄線は、シルバーに赤い帯の車両も多くて、あの車両はステンレスなんでしょうか?最近のJRのE2〇〇系のような重量が軽くて省エネで線路にも優しいみたいな車両じゃなくて、なんか鉄の塊が走っているような重そうな感じの車両でした。

そんな事を思うと、このブルーの洗練されたスタイルを見ると相鉄のイメージも変わったなぁと思います。

あと相鉄と言えば二俣川に運転免許センターがあります。ゴールドであれば警察署でもいいのですが5年くらい前にスピード違反で捕まって(笑)ゴールドでなくなったので、また二俣川に行かなければなりません。

so-02.jpg

嫌なことを思い出したのでまったく関係のない話はこの辺にして、

この12000系は2019年度下期に開通予定の相鉄JR接続の東部方面線の乗り入れの車両です。東部方面線は建設が遅れていて、本来ならばすでに完成していてもおかしくはないのですが、19年度下期という事は、今のところは2020年の3月といった感じでしょうかね。

あと1年半近くあるのでまだダイヤ等はわかりません。多分新宿に行くんだと思いますけど、東京方面にも行くのでしょうかね?相鉄線の終着駅がある海老名も湘南台も小田急が走っていて、少なくとも料金については小田急よりは安くならないのと時間もどうですかね、海老名、湘南台どちらも小田急で1時間弱だと思いますが、海老名、湘南台だけの事を考えれば時間で勝つのも厳しいでしょうね。

ですので中間駅の相鉄沿線の方には新宿・渋谷直通は便利になる感じでしょうか。小田急との事を考えても、また数年後には新横浜を経由して東急にも乗り入れる事を考えても、東京方面に流してもいいのではないかとも思いますけど。これも東急側も渋谷方面に行くのか目黒方面に行くのかも決まってないのでなんとも言えない所ですね。

この東部方面線の建設が遅れている間に、JRは上野東京・湘南新宿ライン、東急は西武東武等の直通と各線入り乱れている感じになっていて、ちょっと相鉄の列車がどうなるのか読めませんね。

so-03.jpg

あと片乗り入れって事はないと思うのでJRは車両をどうするんですかね。東海道の基本編成を入れるのかと考えたらグリーン車があるんですね。新たに10両の編成を組むんですかね。ネットのいろんな人の意見を見てみると埼京線と直通して埼京線の車両を入れるのではって考える人もいるようです。おそらくまだJRも決めていないでしょうね、そろそろどうしようかを考えてる所ではないでしょうか。

 

作った車両ですが、種車の関係上3ドアです。色味は、相鉄の20000系に合わせました。

どこへ行くのかまだ分からない車両ですが、相鉄にとっては念願の都心乗り入れの車両です。

TRAINのページのSOTETSUの所からどうぞ。

so-04.jpg

最近の車両の作成はこれで一旦終わります。

次はまだ手を付けていませんが、国鉄の古い気動車を新しく作る予定です。

車両作成カテゴリの最新記事